闇金被害の無料相談

闇金被害相談|闇金問題解決の実績が豊富な司法書士に相談

闇金からの取り立てで困っている。
闇金からの嫌がらせで困っている。

 

対策としては、闇金問題解決の実績が豊富な司法書士か弁護士に相談したほうがいいでしょう。
借り手である本人が闇金と交渉し、債務をなくしたり、嫌がらせをやめさせることも可のですが、かなり難しいと思います。
私も闇金と交渉したことがありますが、まったく聞き入れてもらえませんでした。
第三者が代わりに交渉しないと聞き入れないはず。それも、法律の知識がある人でないとダメです。

 

以下の司法書士は闇金問題解決の実績が豊富な方です。
闇金問題について無料で相談できます。

 

闇金問題の無料相談はこちら

ジャパンネット法務事務所 0120-758-685
エストリーガルオフィス 0120-735-072

 

 

 

闇金被害で困ったら「司法書士(法務事務所)の無料相談」を利用

闇金と知らずに借り入れしてしまって高金利の返済に困っている、家族や職場・近所にまで嫌がらせをしてくる、闇金と知っていても知らなくても手をつけてしまっては被害の解決は難しいものになっていきます。
もちろん一人で解決しようにもそんな簡単に闇金からは開放されません。
一度手をつけてしまっては、情報がどこに流れているかわかりません。
1社の闇金業者の被害を解決できたとしても裏ではまた違う闇金業者に情報が回っている可能性が高いです。
闇金は違法行為をしているという自覚がありますので、個人で解決しようとはせずに、司法書士に相談しましょう。
多くの法務事務所では闇金相談は無料で行っています。
電話相談やメールでの相談で、24時間対応している事務所もありますのでまず闇金被害を解決しようと思ったら法務事務所に相談しましょう。
お金を借りている身ですから、相談料がかからないのは嬉しいですよね。
司法書士の方と闇金被害の解決にむけて自分自身で強い意志を持ち、相談は無料なのでまずは相談することから始めましょう。
様々な方向からの解決策を見出し、本人に合ったものを提案してくれます。
今の闇金は電話での取り立てや嫌がらせがほとんどで、これは簡単に捕まらないようにしているもので、警察関係や法律に関係する人を嫌います。
相談すべきところに早めに相談し、精神的苦痛から開放され闇金被害の無い新たな生活を送りましょう。
闇金相談所はこちら

 

 

高い金利を払わされている場合はすぐに相談

闇金とは、悪徳金融業者となりますので、お金を借りてしまうと、大変な事になるのです。
高い利子をつけられてしまい、返済をすることが出来ないと恐喝などの取り立てに遭ってしまうのです。
そうならない為には、闇金の特徴をしっかりと理解して、引っかからないようにすることが大切となるのです。
まず、悪徳業者はその会社が悪徳であるという事を教えてはくれません。
しかし、悪徳業者は高い金利が特徴となっているのです。
金利の上限は法律で年20%と定めれているのですが、悪徳業者では10日で5割の利子を取るトゴと呼ばれる高い金利を取っているところもあるのです。
例えば1万円借りると、金利だけで1年間で180万円以上にもなるのです。法律で定められていたとしても、悪徳業者は無視をして取り立てをしてくるのです。
そして、極端に好条件を提示して、借入をさせてくるのも悪徳業者の特徴なのです。引っかかってお金を借り入れてしまった人は、暴力的な脅迫で取り立てをされてしまう事にもなりかねませんので、美味しい話には乗らないように注意が必要となるのです。
まずは疑ってかかるという事が大切なのではないでしょうか。

 

 

司法書士に払うお金は後払いや分割払いにできる?

司法書士や弁護士に、闇金の借金整理を依頼すると、着手金や報酬金がかかります。
闇金1件あたり数万円。
当然、すぐに用意して、払えるという人は少ないでしょう。闇金から借りるくらいですから、お金に余裕はないはずです。私もありませんでした。
そのあたりの事情は、闇金案件に特化した司法書士や弁護士ならわかっています。
後払いや分割払いという条件で受任してくれます。

 

着手金や報酬金を後払いや分割払いにしたい方は、必ず無料相談のときに話しておきましょう。
後から「後払い・分割払いにしてください」と切り出さないように。
ほとんどの人は後払い・分割払いなので、向こうはそのつもりで受任しているとは思いますが。

 

分割の回数は、上限が決まっている事務所と、とくに決まっていない事務所があります。
生活状況を考えながら、回数を相談してください。
ちなみに、私は10回払いにしてもらいましたが、4、5回で全部払ってしまいました。別件で過払い金が戻ってきたので、それで払いました。

 

司法書士や弁護士への支払いが遅れそうな場合
闇金の借金問題が片付いたからといって、すぐに生活が楽になるとはかぎりません。
そのため、司法書士や弁護士への支払いが遅れることもあるでしょう。
その場合、連絡なしで遅れないようにしましょう。必ず連絡すること。連絡なしだと催促してきます・
また、遅れるときはなるべく早く先方に伝えましょう。伝えにくいのはわかるのですが、ギリギリになっていわないこと。

 

 

自分で闇金と交渉するのは可能なのか?

自分で闇金と交渉するから司法書士は必要ない!
という方もいることでしょう。
自分で交渉して解決するのもアリです。
というか、本来はそれが当たり前なのかもしれません。
腹を括ればできるでしょう。

 

ややこしくない闇金であれば、利息を元金分以上、払っていれば、
「利息はもういいから、元金だけ返してくれ。それで終わりでいいから」
「いつまでに、いくら払える? じゃあ、それで終わりにしてあげるよ」
といったかんじで、話がまとまるでしょう。

 

しかし、ややこしい闇金の場合、そうはいきません。闇金にしてみればシロウトが相手なので、強気に出てくるでしょう。嫌がらせも覚悟しなければなりません。

 

私の場合、迷惑をかける範囲を可能なかぎり狭くするため、司法書士に依頼しました。
自分で交渉してうまくいかなかった場合、闇金に提供した連絡先すべてに迷惑をかける可能性があるので。

 

 

夫が闇金に借金をしてしまったら

「ご主人が借金を返済してくれないので、これからそちらへ取りにいく」

 

ある日とつぜん、このような電話が自宅にかかってきたらどうしますか?

 

不安になり、どうしていいのかわからなくなるはずです。
お金のことなので、友人や知人にも相談しにくいですよね。

 

本当に、自宅まで取り立てにくることはほとんどありません。
しかし、もし、本当にきたら……。

 

怖いというだけでなく、大声でも出されたら近所に悪く思われてしまうでしょう。
闇金から「これからそちらへ取りにいく」といわれたら、まずは落ち着きましょう。
ご主人が不在のときは、ご主人に連絡を取り、借金の有無を確認してください。

 

すでに、ご主人に確認している場合は、闇金の出方を見極めます。
脅しや暴力行為があれば、警察に相談。
脅しや暴力行為がなければ、司法書士に相談。

 

以下の司法書士は闇金トラブル解決の実績が豊富なので、いいアドバイスをしてくれるはずです。

 

 

違法なのになぜ闇金融はなくならないのか

違法な闇金に悩まされているという人も少なくはないのではないでしょうか。
こんなにも高い金利を請求されている違法業者なのに、なぜなくならないのか、不思議に感じてしまいますよ。
しかし、実際にはTVやニュースで報道がされないだけで、かなりの頻度で逮捕されている闇金業者がいるのです。
違法という事は、犯罪ということなのですが、すべての闇金業者が世の中から消えないのは資金さえあれば、誰でも闇金業者になれるという手軽さ、資格も何もなく、知識もなくても始める事が出来るという事で、簡単にお金を稼ぎたいと考える人は、手っ取り早く闇金業者になるという人もいるのです。
闇金営業なのでもちろん、行政へ届け出をする必要もありませんし、許可も必要ないのです。
借りてくれる顧客さえいれば、あとは自分が決めた金利で恐喝まがいの取り立てをすればいいのですから、やりたいと思う人もいますし、2万円を貸せば、数日で10万円や20万円にも化けるのです。返済を渋っている人も、怖い声で脅すことで、恐怖感を感じる事となり、お金を調達してくるのです。
その為、楽して儲かるという考えを持つ人も少なくはないという事なのです。これが現実という事です。
悲しいですが、自分で対処するしか方法はないようです。

 

 

ヤミ金は貸金業法、出資法、利息制限法など様々な法律に違反している

通称でヤミ金と言われていると、何となくその存在が認められていて、消費者金融などの一つの種類のような気がしてくるものですが、完全に違法なもので、犯罪行為そのもののです。
なぜならば、お金を貸すことができる業者は、様々な許認可が必要だからです。ヤミ金と言われてる業者は、もちろんそんな許可も得ないで勝手にお金を貸しているだけです。
貸金業法、出資法、利息制限法など様々な法律に違反していることになります。詐欺罪となる可能性もあります。もちろん、そのような法律に違反していると刑事罰を受ける対象にもなります。
ただ、それだけに借りる側にとってもある意味メリットになっている可能性もあります。法律で定められた制限を超えた借金をすることができたり、お金を借りたという履歴そのものが正式に残らないことなどからです。だからとって、やはり利用するべきでないのです。
先ほど説明した違法行為そのものですし、闇社会ともつながっている可能性も高いです。そういった人たちの資金源となったり活動を助長することにもなります。
さらに、万が一そのお金が返せなくなったときはどうなるでしょうか。ここで詳し語らずとも想像できるのではないでしょうか。